必要な罪悪感
不要な罪悪感

分けることが出来ていますか?
不要な罪悪感を持ちすぎると
人生が困難なものになってしまいます。
手放してゆきましょう。

hands-2667461__340










こんにちは。
心理カウンセラーの吉村ひろえです。
ご訪問ありがとうございます。


罪悪感は誰しもが持っている感情です。
あまり持ちたくはない感情なんですけど
必要な罪悪感と不要な罪悪感があるのです。

たとえば、お酒を飲み過ぎたうえに
車で事故を起こしてしまって
これ以上ないほどに罪悪感を感じている。

この場合の罪悪感を持つのは
自然なことだし必要なことでもあります。
法を犯して事故を起こしてしまったわけですから。

この状況で罪悪感を感じないとしたら
また同じことをしてしまうかもしれません。

必要な罪悪感を感じることは
自分の行動を修正するためにも
大切なものです。


では、不要な罪悪感って?

・学生の頃のクラスメイトの名前が思い出せない
・体調不良で仕事を休む
・仕事でミスをしたとき
・「NO」を言ったとき
・幸せや楽しさを感じたとき

確かに上記4つ目までは
ちょっぴり罪悪感を感じますが
誰にでも起こり得ることです。

しかも、悪意があるわけでもないし
事情があって「NO」なのに
酷く自分を責めてしまう。

それどころか
・幸せや楽しさを感じたとき
ですら、ハッと我に返り
なんだか申し訳ないような気がしてしまう
なんていう方も。。。


じゃぁ、なぜ、そのような
不要な罪悪感を持ちやすくなるのでしょう?

んー、やはり親との関係は大きいのです。
親が悪い、とかではなく
どうしても影響が大きいのですね。


よくあるケースとしては

”幼い頃から母の愚痴を聞いてきた。
父はいつもなにかしら怒っていて両親は不仲。
それは自分のせいだと思っていた。

だから、親を喜ばせようと良い成績を取り
優等生を全うしてきた。
親の顔色を見ながら自分を押し殺してきた。

自分を出すと両親の仲がもっと悪くなる。
家族が壊れると思ってきた”


子どもが、両親に起こる不幸せなことを
自分のせいだと勘違いしてしまうことは
よくあることです。

お父さんとお母さんがケンカしたとき
神さまにお願いしたこと、ないですか?

「神さま、お父さんとお母さんの
 ケンカが早く終わりますように。
 お利口にするから
 早く仲直りさせてください!」

子どものせいでケンカしているわけでは
ないのに、まるで自分が悪い子だから
ケンカになったかのように。


理屈ではなく子どもは、お父さんお母さんが
幸せではないことを、ただ
「自分が悪いのだ。自分のせいだ」
と感じるんです。

そして、良い子になって少しでも
辛そうで悲しそうな親を助けようと
笑顔にしようとするのです。

でも、あなたが悪いことをしたわけでも
悪い子だったわけではありません。
ご両親の問題(罪悪感)を背負ってしまったのです。

幼い頃は親との境界線が
まだハッキリとはわからず

子どものピュアな心は
お父さんとお母さんの感情に
敏感なのです。

今でも、あなたが不要な荷物を
背負っているのなら

その荷物(罪悪感)こそを
肩から降ろし神さまに委ねる(手放す)
ことが求められます。

神さまは幼いあなたに
自分を押し殺して良い子になることを
求めていたのではなく

あなたを苦しめるその荷物こそを
委ねてほしかったのではないでしょうか?

それが神さまの仕事ってもんです。
神さまにも仕事をさせてあげないと。
と、私は思ったりするんですけど笑


罪悪感を感じやすい人は、共感力が高く
優しい人が多いんです。

「自分さえ我慢すればいい」
「人に迷惑を掛けてはいけない」

そうやって自分を抑えつけてきませんでしたか?

けれど、私たちはみな不完全で
出来ないこともあれば
助けが必要なときもあります。

だから「NO」をいうことや
人との間に境界線を引くことを
自分に許してあげてくださいね。



また、反対に
「ふつうは感じるであろう
 罪悪感を感じられない」
という方もおられます。

たとえば
・浮気をしている
・自分を大切にしていない
・我が子や、本来大切なはずの人を
 大切にしていない
など。

罪悪感を感じて然るべきなのに
感じない。

私たちには、そんなときがあっても
不思議ではありません。

けれど、罪悪感を感じられないだけで
”無い”わけではないのです。

そんなときは
感じられないことを
良い悪いと判断せずに

正直に、素直に、”今の自分の心”と
向き合ってゆくことです。

感じられないには感じられない
ワケがあるはずですから。

そのあなたを決して
否定したりしないでくださいね。


ご予約受付中です

❏人と近づくのが怖い
❑パートナーシップが上手くいかない
❑手放したい執着がある
自分のことが好きじゃない
誰にも話せない苦しみがある
自分らしさがわからない
自分を責めてしまう
❑許せない人がいる
人間関係が上手く築けない

ひとりで抱え込んでいませんか?
人生は苦しむものではなく
謳歌するものです。

いつでもサポートいたします。
一緒に乗り越えてゆきましょう。

◆対面・ZOOM面談・電話カウンセリング承っております
「ヨシムラ希望」とお伝えいただくとスムーズにご予約いただけます

ZOOMは海外在住の方や遠方の方には、大変ご好評いただいております 
 
よろしければ、ご利用くださいませ
     

カウンセリング予約センター 受付12:00~20:30
  06-6190-5131


・定休日 毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

ZOOMとは?
パソコンやスマートフォンでお手軽にご利用いただけます。  
予約時にお送りしたURLをクリックすると、自動的にアプリがダウンロードされます。  


<面談カウンセリング>


通常カウンセリング

1時間  11,550円(税込)

2時間  23,100円(税込)


<電話カウンセリング>


通常カウンセリング

4回セット  14,300円(税込)

単発(1回) 5,280円(税込)


■クレジットでのお支払い


利用できる決済方法は以下のとおりです。


・クレジットカード決済(VISA、Master、American Express、JCB)

・PayPal決済

・コンビニ決済

・楽天ペイ決済

・キャリア決済(ドコモ払い/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い)


※コンビニ決済・キャリア決済では、別途支払手数料220円(購入者負担)が発生します


詳細は、「料金とお支払い方法」のページをご覧ください。

カウンセリングサービスのショップ(https://counselingservice.shop)からもお支払いいただけます。

ぜひ、ご利用ください。


どうぞ、よろしくお願いいたします。

【YouTube】公開されております。

恋に悩みはつきもの。

しかし、パートナーシップはあなたをグン!と

成長させてくれる、究極の人間関係でもあります。


今は問題を抱えていても悩んだぶん、あなたの成熟さが増して

幸せなパートナーシップに近づくので、大丈夫。


問題解決のキッカケになれば幸いです。

よろしければお付き合いくださいませ